人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ

著:稲盛和夫

1,870円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

    かつて日本の社会のいたるところに、上質な人間がいました。たとえ経済的に豊かではなくても高邁に振る舞い、上に媚びず下には謙虚に接し、自己主張することもなく、他に善かれかしと思いやる---そんな美徳をもった日本人がたくさんいました。また、そのような人々によって構成された集団も、自ら高い品格を備えていました。たとえば、ものづくりの現場には、自分がつくった製品でお客さまに喜んでいただけることを誇りに思い、品質管理を強制されずとも、自分が手がけた製品の品質や出来映えに、万全の注意と細心の心配りを払い、手の切れるような上質の製品をつくる人々が存在しました。それは、商品を売る店頭でも同様でした。駆け出しの店員であろうと、一生懸命にお客様の身になって尽くしました。その上質のサービスも決して上司にいわれたからではなく、またマニュアルに書いてあるからでもなく、もちろん売らんがためでもなく、思いやりに満ちた優しい心から自然に発露してくるものでした。日本の企業が、そのような上質の人間に支えられていたからこそ、今日の日本経済の発展があるのだと思います。ところが近年、世の中を見渡せば、以前にはとても考えられなかったような、ひどい出来事が続いています。(中略)今こそ、日本人一人ひとりが、精神的豊かさ、つまり美しく上質な心をいかにして取り戻すかを考えなければなりません。年齢を問わず、すべての日本人が改めてその品格、品性を高めることが出来れば、日本は世界に誇る上質な国民が住む国として、再び胸を張れるようになるはずです。私は、それこそが、真の日本再生であると考えています。(プロローグより)

    続きを読む

    レビュー

    4.4
    29
    5
    17
    4
    8
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/06Posted by ブクログ

      西郷隆盛の遺訓「南洲翁遺訓」を引用し、稲森和夫さんの見解が入っている本書。
      あるべき人間の姿、器を大きくするとは、こういうことと言うのを思い知らされる。

    • 2019/05/04Posted by ブクログ

      〜以下、◇○本より抜粋、●・コメント〜

      稲盛さんが書いた西郷の教え『南州翁遺訓』について解説した本

      ◇無私
      人の上に立つリーダーは私利私欲を捨てて正道を歩め

      ◇覚悟
      命もいらず、名もいら...

      続きを読む
    • 2019/03/07Posted by ブクログ

      西郷隆盛の遺訓に沿って人生の正道を稲盛和夫の哲学で説いている。決して自説ではなく、彼が学んできたことの集大成として書かれている。そして、現代の日本社会や政治が必ずしも正道を歩んでいないことをとても憂え...

      続きを読む
    開く

    セーフモード