【最新刊】人工知能時代を<善く生きる>技術

人工知能時代を<善く生きる>技術

堀内進之介

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いつでも・どこでも・何でも・誰でもネットに接続され、日々、膨大な量の情報が交わされている。これを人工知能で分析することで近未来を予測し、適切な対応を講じる「あたらしい技術」の導入が進む。この技術は生活を便利にする一方で、終わらない仕事を増やし、人間関係に疲れる世の中に変えていく。本書では、技術と人間の関係を根本から問い直し、近代が前提としてきた人間中心主義を批判しながら、「技術による解放論」のビジョンを示すことで、いかに<善く生きる>かを問う! 【目次】はじめに/序章 私たちを揺るがす「あたらしい技術」/第一章 魂を支配するテクノロジー/第二章 それでも、つながらずにはいられない/第三章 人間と「あたらしい技術」は共存できるのか/第四章 <善く生きる>技術/第五章 失うことで未来は開ける/おわりに/主要参考文献

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/16
    連載誌/レーベル
    集英社新書

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      冷戦時代の軍拡競争のように、AIの拡張競争は激しさを増し、やがては収拾がつかなくなる。核兵器と同じで、あらゆるところでAIが使われるようになれば、技術そのものが飽和して陳腐化してしまい、やがて誰もその...

      続きを読む

    セーフモード