【最新刊】白石城死守

白石城死守

山本周五郎

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦地へと向かった伊達軍、その留守を狙い、白石城は上杉の猛攻を受ける。主君・政宗の命は「攻撃を受けた際にはすみやかに岩手沢に撤退せよ」というものだったが、浜田治部介と家来五十一騎は、籠城に出る……。なぜ主君の命に背いて籠城をするのか。表題作「白石城死守」のほか、五篇を収録。命を賭して己の意義を貫く生き方を端正な言葉で描き出した傑作。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/09
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 白石城死守2018/07/12Posted by ブクログ

      武士として大事なもの、護るべきもの、そして武士の行き方などについて書かれた短編集。
      教訓を書くのではなく、物語の中にあるべき姿をしっかりと練りこんであるので、余すことなく内容を味わうことができる。
      ...

      続きを読む
    • 白石城死守2018/02/14Posted by ブクログ

      生の意義""を端正な言葉で描く名作、50年ぶりの復刊!

      主君伊達政宗の命に背き、白石城に籠城を決めた浜田治部介と五十一騎。その真意とは何か。表題作「白石城死守」のほか、名作「菊屋敷」など全六篇を...

      続きを読む

    セーフモード