【最新刊】レトリック認識

レトリック認識

佐藤信夫

1,045円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古来、心に残る名文句は、特異な表現である場合が多い。思考において論理がすべてではなく、言語も文法だけでは律しきれない。論理と文法の手にあまる言語表現の多彩な機能―― 黙説、転喩、逆説、反語、暗示など、レトリックのさまざまを具体例によって検討し、独創的な思考のための言語メカニズムの可能性を探る。在来の西欧的レトリック理論に新しい光をあてた『レトリック感覚』に続く注目の書。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/09
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2013/01/26Posted by ブクログ

      様々な文学書から実例をあげてレトリックの種類を列挙。ああ、そうなってるのか、と目からうろこ。レトリック研究の前からレトリックが存在したように、レトリックを学ばなくなってもレトリックは存在する。レトリッ...

      続きを読む
    • 2010/09/05Posted by ブクログ

      黙説あるいは中断:意味の産出を読者に分担させる
      ためらい:相対化し、印象づける
      転喩あるいは側写:相を転じて見せる
      対比:類義関係に対義を見出す
      対義結合と逆説:意味接続の常識に反逆する
      諷喩:ふたつ...

      続きを読む
    • 2011/07/23Posted by ブクログ

      抽象的だと思ってしばらく積ん読だったけど、読み直したら意外と読みやすかった。具体例が出ていて分かりやすい。

      世の中の「面白い」文章はレトリックが効果的に使われている事が分かった。

    開く

    セーフモード