【最新刊】愛とためらいの哲学

愛とためらいの哲学

著:岸見一郎

850円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ、あなたの愛は幸福をもたらさないのか……。どれほど幸せな恋であろうとも、嫉妬や依存、失恋など、様々な要因により一転して苦しいものになってしまう。思うようにならない他者と生きるなか、幸福な愛とは、どうすれば実現が可能なのだろうか。大切なのは「いかに愛されるか」ではなく、「いかに愛するか」を学ぶことであると著者はいう。愛とは能力であり、技術であるというのだ。では、私たちはいかに人を愛するべきなのか。人を愛するというのは、そもそもどういうことなのか。アドラー、フロム、三木清など、多くの賢人たちの智恵を手掛かりに、アドラー研究の第一人者であり、ギリシア哲学を専門とする著者が語る、待望の恋愛論。 〈目次〉●はじめに ●第1章 なぜあなたの「恋愛」は幸せをもたらさないのか ●第2章 結婚と子育ての困難について ●第3章 人を愛するとはどういうことなのか ●第4章 幸福になるための「愛する技術」 ●おわりに

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/09
    連載誌/レーベル
    PHP新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2018/07/22Posted by ブクログ

      『嫌われる勇気』の著者である岸見一郎さんによる恋愛論。
      愛は「誰を愛するか」という対象の問題ではなく、「どのように愛するか」という技術の問題であることをアドラーやフロムなどの言葉を引用しながら解説して...

      続きを読む
    • 2018/08/28Posted by ブクログ

      読み友さんが読まれていて興味を持ちました。
      話の進み方が分かりやすくて面白かったです。「愛される技術」ではなく、「愛する技術」…愛する、とはどういうことか、考えさせられてためになりました。
      「交友関係...

      続きを読む
    • 2018/07/09Posted by ブクログ

      二人の関係を良くするための努力がたえまなく必要。「愛する技術」が必要。愛されるではない。
      そんなふうに思える人と一緒になれれば。

    開く

    セーフモード