血糖値コントロール27の新常識!

片山隆司

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    糖尿病の原因となる高血糖。放置すれば血管を傷め、動脈硬化や認知症などの合併症を引き起こすリスクがあります。特に、食後血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」は糖尿病の前触れ。いち早い対処が必要ですが、自覚症状がないため、発見が難しい面もあります。そこで本書では、そもそも血糖値とは何なのか、高血糖の疑いがある症状など、わかりやすいイラストとともに基礎から解説。また、日常生活で血糖値を下げるためのさまざまな工夫をご紹介します。何をどの順番で食べるかといった食事法の改善や、どのような運動を行えば効果的かを知り、無駄なく血糖値を下げましょう。【ご利用前に必ずお読みください】■誌面内の目次やページ表記などは紙版のものです。一部の記事は、電子版では掲載されていない場合がございます。■一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。■電子版からは応募できないプレゼントやアンケート、クーポンなどがございます。以上をご理解のうえ、ご購入、ご利用ください。●表紙●chapter1 血糖値スパイクは危険な症状●[1] まずは血糖値とは何かを知りブドウ糖の役割を理解しよう●[2] 血糖値が高いままの状態だと糖尿病になる可能性がある●[3] なぜ血糖値の上昇を抑えコントロールする必要があるの? ●[4] 血糖値スパイクが糖尿病やさまざまな病気につながる●[5] 血糖値スパイクは危険な状態、放置は絶対ダメ!

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード