四十九日のレシピ

著:伊吹有喜 画:高寄尚子

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    妻の乙美を亡くし気力を失ってしまった良平のもとへ、娘の百合子もまた傷心を抱え出戻ってきた。 そこにやってきたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本。 乙美の教え子だったという彼女は、乙美が作っていた、ある「レシピ」の存在を伝えにきたのだった。 大切なひとを亡くしたひとつの家族が、再生へ向かうまでの四十九日間を描いた、感動の物語。

    続きを読む

    レビュー

    4
    201
    5
    67
    4
    85
    3
    41
    2
    8
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/08/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/06/11Posted by ブクログ

      今日が最後だと、知っていたなら。

      ありがとうを言いたい、
      謝りたい、
      聴きたいことがある、
      話したいことがある、
      ハグしたい、
      キスしたい。

      そんなふうに思う大切なひとを
      なぜ蔑ろにしてしまうのだ...

      続きを読む
    • 2019/05/18Posted by ブクログ

      妻を亡くして気力を失った良平と、夫との問題で出戻ってきた娘の百合子。
      そんな家に突然やってきた妻の教え子井本によって妻のレシピが明らかになり、家族が元気を取り戻していく。
      読み終えて温かな気持ちになり...

      続きを読む
    開く

    セーフモード