【最新刊】重力波 発見!―新しい天文学の扉を開く黄金のカギ―(新潮選書)

重力波 発見!―新しい天文学の扉を開く黄金のカギ―(新潮選書)

高橋真理子

1,144円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アインシュタインがその存在を予言したのが約100年前。観測を始めておよそ50年で人類はそれを捉えた。ここから、今まで知ることができなかった宇宙の謎の解明がはじまる。重力波がどんなものかが分かれば、宇宙の成り立ちが理解できてくる。熟達の科学記者が、重力波発見にいたる物語から時空間の本質までを分かりやすく説く。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/09
    連載誌/レーベル
    新潮選書
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 重力波 発見!―新...
      2017/10/14

      日本では明治10年に来日したエドワード・モースの紹介により、進化論は瞬く間に受け入れられた。それは宗教上の抵抗がなかったと言う理由だけでなく、進化論を批判的に吟味するだけの科学的土壌がなかったから。西...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 重力波 発見!―新...
      2018/01/26

      重力波について、ギリシャ哲学からニュートン、アインシュタインまでの物理学の系譜の中で重力波がどのように扱われてきたかを辿る内容で、翻訳物ではよくあるが、日本でもこのように骨太の内容で書ける人がいるのだ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 重力波 発見!―新...
      2018/12/16

      ロジャー・バブソンの重力研究基金の成立の由来。

      基本的な物理学の法則から、なぜ重力波発見が科学誌の中でどのような意味と衝撃を与えるものだったかをわかりやすく記述。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード