【完結済み】大江山花伝

大江山花伝

完結

木原敏江

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

鬼と人との悲しい恋を描いた傑作ロマン。今は昔、大江山に酒呑童子という鬼がいた。都を荒らし、姫をさらい、悪事のかぎりを尽くしたそうな。さて、宮中より鬼退治を命じられたのは音に聞こえた勇将・渡辺綱。だが、勇躍して鬼の岩屋にのりこんだ綱が目にしたものは…。鬼と人との悲しい恋を描いた表題作ほか、愛する人を殺された鬼の復讐物語「花伝ツァ」、室町の世を美しく舞う若き世阿弥の永遠の恋「夢幻花伝」など、傑作長編「夢の碑」番外編となる全4作。

続きを読む
ページ数
359ページ
提供開始日
2018/03/02
連載誌/レーベル
プチフラワー
出版社
小学館
ジャンル
少女マンガ

レビュー

  • 2020/06/08ハオ
    さすがの物語り

    幼いころ読んでタイトル共に心に残っていた。年月を経てふと読みたくなり購入して読んでみた。ストーリー構成がしっかりしており、30年の年月にも褪せることなく、心に染みわたる悲しい運命と悲恋の世界に30年前...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2020/07/10Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    「大江山花伝/鬼の泉/花伝ツァ/夢幻花伝」を収録。ずっと読みたかった「大江山花伝」が入ってたのでこれを買ったのだけど、駆け足気味でやや不満。鬼の話としては、「花伝ツァ」のほうが好き。「夢幻花伝」は、観...

    続きを読む

セーフモード