【完結済み】小僧の寿し

小僧の寿し

完結

勝田文

437円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

結婚を取り止めて手元に残ったご祝儀を持って、亜紀が向かった先は…。 表題作『小僧の寿し』、その他3編の食べ物にまつわる読みきりとディケンズの名作『クリスマスキャロル』のコミカライズ作品で編まれたおいしい短編集。 【収録作品】小僧の寿し/チビのおでん/すいかドライブ/ととせの鴨/クリスマスキャロル

続きを読む
ページ数
204ページ
提供開始日
2018/03/01
連載誌/レーベル
ココハナ
出版社
集英社
ジャンル
女性マンガ

レビュー

  • 2014/03/25Posted by ブクログ

    絵柄が、前歯の裏にくっつくような、のっぺりとした独特のものなので、表紙だけを見た時は「んぅ~」と思っていたが、読んでいる内に、深い落ち着いたコクのあるストーリーに苦手意識を払拭された
    どの編にも、食べ...

    続きを読む
  • 2014/03/05Posted by ブクログ

    ほんのりあったかい気持ちになれる短編集。やっぱり勝田さんワールドが好きです。

    食べ物にまつわる短編4作と、『クリスマスキャロル』のコミカライズを掲載。
    独特の絵柄と優しいストーリーが癖になります。私...

    続きを読む
  • 2014/03/01Posted by ブクログ

    どのお話もちょっと変わってるけど心の温かくなるすごくいい1冊でした。
    最後に入ってたクリスマスキャロルが本当によかったなあ。個人的に大好きなお話なので。思わず泣いてしまいました。

開く

セーフモード