亭主塾

著:中田平

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    舞台は京都。歳の離れた兄の勘一と弟の山勘の兄弟が登場。二人は対照的な性格で、服装の流行に対する考えも正反対、自分が面倒を見ている瑠璃と菖蒲の扱いも正反対である。勘一は瑠璃に自由を与え、無理に自分と結婚させようとしないが、山勘は菖蒲の自由を奪って家に閉じ込め、家庭仕事に専念させ、いずれ自分の嫁にしようとしている。鮎之介が眉唾を伴って山勘に近づき、一目惚れした菖蒲に会いに行こうとするが山勘に阻まれる。鮎之介を恋している菖蒲は一計を案じて、山勘に鮎之介が自分に横恋慕していると信じ込ませ、断りに行かせた。さらに、山勘に鮎之介から手紙が届いたと嘘をつき、手紙を返しに行かせるが、その手紙は山勘から救い出してほしいという願いを込めて菖蒲が書いたものだった。この計略が首尾よく進んで、菖蒲は鮎之介に直接会い、自分の本心を伝えることに成功するが、山勘だけはそれに気づかない。しかし、山勘は6日後のはずだった結婚を明日に早めようと言い出した。菖蒲は山勘と結婚するくらいなら死んだほうがいいと覚悟を決め、大胆な賭けに出る。姉の瑠璃が瑠璃のふりをして鮎之介と結婚したいのだと山勘に思い込ませて、密会している瑠璃と鮎之介の2人を結婚させてしまおうと代官と執筆に頼んで結婚の制約を取りまとめる。最後にはそれが菖蒲と鮎之介との結婚だとわかり愕然とする山勘であった。

    続きを読む
    • 亭主塾 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      亭主塾 全 1 冊

      550円(税込)
      5pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード