女房塾

著:中田平

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    山勘は日ごろから、界隈の亭主立ちを馬鹿にしては楽しんでいた。亭主はせっせと金をため、その金を女房は男に貢ぐ。彼にとってはどちらも笑いの種でしかなく、女房にするなら賢い女よりも、何も知らない無知な女こそ素晴らしいというのが口癖であった。持論を実行に移すべく、孤児であった菖蒲を引き取って尼寺に入れて育ててきた。成長した菖蒲はひどく無邪気で、まさに望み通りに育っていたので、明日にも祝言をあげる決心を固める。山勘のところへ親友の轍之丞の息子、鯉之介がやってきた。彼は無垢な女性と恋仲になったことを告白して山勘の手助けを頼む。親友の息子の頼みだと快く受け入れた山勘だったが、なんとその相手は菖蒲であった。鯉之介は菖蒲をこれまで修道院に入れていたのが山勘であることを、全く知らなかったのだ。驚いて菖蒲を問いただすと、菖蒲も鯉之介に惹かれており、結婚したいと言い出す。取り返しがつかないことになる前に急いで菖蒲と結婚するべく執筆に頼んで祝言の約定を急がせるが、結局は鯉之介が菖蒲の心を奪ってしまう。山勘はまさに「女房を教育するための塾長」としての役割を務めただけなのであった。

    続きを読む
    • 女房塾 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      女房塾 全 1 冊

      550円(税込)
      5pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード