図解マイクロコンピュータZ-80の使い方

著:横田英一

3,080円(税込)
1%獲得

30pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。[本書は底本(1993年発行)をスキャンし、復刊・電子書籍化(固定レイアウト)したものです][発行当時の図書目録より]インテル8080とともに広く使われているZ-80の使い方について、CPUの概論から各種命令、動作、プログラムのテクニックに至るまでを65項目に分類・整理し、それぞれ見開き(片面が解説、対面が図表)としてまとめ、初学者でも十分理解できるよう平易に解説してある。巻末に例題・付録をつけて、理解の一助となるよう配慮。目次1 マイクロプロセッサの特質2 マイコンシステムの種類3 特質を活かすシステム設計4 Z-80 ファミリの特徴5 Z-80 CPU6 Z-80 PIO7 Z-80 CTC8 Z-80 DMA9 Z-80 SIO10 メモリの種類と用途11 ビットパターンと16進表現12 プログラムの実行13 CPUの信号のやりとり14 データバス、アドレスバスとシステム制御信号15 命令後の構成16 命令の実行17 アセンブラ記法のルール -1-18 アセンブラ記法のルール -2-19 命令の分類20 メモリ空間とIO空間21 アドレスデコーダ22 バスバッファ23 クロック24 リセット25 システム構成26 フェッチサイクルの動作27 メモリリードサイクル28 メモリライトサイクル29 IOリードサイクル、IOライトサイクル30 リフレッシュサイクル31 CPUと周辺の接続(インターフェース)32 ウェイト信号とホルト信号33 割り込みの概念34 ノンマスカブルインタラプト(NMI)35 インタラプト(INT)36 モード0のインタラプト37 モード1のインタラプト38 モード2のインタラプト40 バス要求と応答41 内部レジスタの構成42 A、I、R、Fレジスタ43 汎用レジスタ44 補助レジスタと交換命令45 IX、IYレジスタ46 スタッカとスタックポイント(SPレジスタ)47 転送命令48 算術演算命令49 論理演算命令50 ビット操作命令51 ローテート、シフト命令52 ブロック転送、ブロックサーチ、ブロック入出力命令53 ジャンプ命令54 コール、リスタート、リターン命令(サブルーチン)55 Fレジスタとフラグ変化56 2進化10進数と10進補正命令57 ペリフェラルのプログラミング58 PIOモード0の動作59 PIOモード1の動作60 PIOモード2の動作61 PIOモード3の動作62 PIOのプログラミング63 PIOのプログラミング例64 CTCカウンタモード65 CTCタイマモード66 CTCのプログラミング参考文献例題 プログラム1(ループ) プログラム2(判断) プログラム3(メモリクリアサブルーチン) プログラム4(変換-テーブルサーチ) プログラム5(スイッチの表示) プログラム6(スイッチの表示-割り込み)付録 付1 Z-80命令表付録 付2 Z-80規格表(参考)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード