挫折しない統計学入門 数学苦手意識を克服する

著:浅野晃

2,420円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。もう統計学は怖くない!数学が苦手な人でも理解できる統計学の入門書!本書は「統計学が必要だけど数学は苦手、だから統計学は敷居が高い」感じる人に向けた書籍です。まず「数学準備編」で、数学が苦手な読者でも興味がわくような題材と数学を絡めることで、飽きが来ないように統計学に必要な数学の準備を行います.数学の基礎が身に付いたら、次は「統計学基礎編」で統計学の基礎中の基礎である基本統計へと進み、さらに「統計学発展編」で実際に分析することができるようになる回帰分析や多変量解析が扱えるまで段階的に説明していきます.この三段階を踏むことで、挫折することなく自然と実務に役立つ統計学の知識が身に付く書籍となっています。第1部 数学準備編 第1章 数学は「ウノ」ではなく「ページワン」だ 第2章 「実現できない公約はいたしません」という政治家 第3章 ギリシャ文字はかっこいい 第4章 足し算→掛け算→累乗と広がる計算 第5章 関数と式 第6章 単位から微分へ,合計から積分へ第2部 統計学基礎編 第7章 データの分布,平均と分散 第8章 相関関係,回帰,決定係数 第9章 確率 第10章 確率変数と確率分布モデル第3部 統計学発展編 第11章 統計的推測と大数の法則 第12章 区間推定と検定 第13章 連続型確率分布と中心極限定理の意味 第14章 標本平均の分散:なぜ「標本サイズ分の一」になるのか

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード