カラー版 自家用電気設備の保守・管理 よくわかる測定実務

著:田沼和夫

2,808円(税込)
1%獲得

28pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本電子書籍はA5サイズの書籍より固定レイアウトで作成しました。■豊富な写真・図によって測定の基本を徹底理解!! 自家用電気設備の保守・管理を行う電気技術者は、常に電気設備の状態を把握しておき、不具合や異常あるいは故障の兆候が発見された場合には、適切に対応して電気の保安確保に努めなければなりません。本書では、自家用電気設備の保守・管理の現場で使用する基本的な測定器や便利な測定器をとり上げ、その測定原理から取扱い方法、測定上の注意点などを具体的に説明しています。また、測定のポイントや注意点が理解しやすいように、写真や図表を数多く載せています。★このような方におすすめ自家用電気設備の電気管理技術者★主要目次第1章 測定の基礎第2章 電流測定第3章 絶縁抵抗測定第4章 接地抵抗測定第5章 温度測定第6章 電源品質測定第7章 ブレーカ・ケーブルの事故点探査第8章 環境・省エネ測定第9章 電気安全・その他第10章 測定器の管理

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/08/28Posted by ブクログ

      小企業だと、測定法を自得せねばならないどころか、測定器を揃えるところから始めなければならない場合がある。
      こういう本を一冊読んでおくのは上記の意味で大事なことだ、と小企業勤務の私は思う

    セーフモード