OHM大学テキスト 通信方式

編著:守倉正博 著:梅原大祐 著:山本高至 著:村田英一 著:田野哲

2,860円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。全国の多くの大学のカリキュラムに適合した、「通信工学」「通信方式」の新たなテキスト 電気・電子・通信系学科の専門課目である「通信方式」「通信工学」の教科書です。通信工学を学ぶうえで必要となる数学の基礎的事項の解説からはじめ、信号と雑音、各種変調の生成と復調、ディジタル伝送の受信・特性など、通信工学の基礎的事項をわかりやすく解説するものです。全体は15章構成をとっており、各章末には理解度をチェックする演習問題を配しています。目次1章 通信方式序論2章 フーリエ級数3章 フーリエ変換4章 スペクトルと信号処理5章 確率過程と雑音6章 通信路容量7章 振幅変調8章 振幅変調の改良9章 角度変調10章 標本化と量子化11章 パルス符号変調12章 ディジタル変調方式13章 ディジタル通信における最適受信14章 ディジタル通信における伝送特性15章 回線設計演習問題略解参考文献索引

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード