OHM大学テキスト 情報・符号理論

編著:楫勇一

2,860円(税込)
1%獲得

28pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。全国の多くの大学のカリキュラムやシラバスに合った、「情報(・符号)理論」の新たな定番テキスト 電気・電子・通信系の大学学部向け2単位用のテキストシリーズの一巻。 本書は、情報通信系学科の専門課目である「情報(・符号)理論」の講義用教科書。情報の数量的な定義や符号化とその限界を解説して、情報量、エントロピー、マルコフ情報源、通信路容量などの重要な概念について理解できるようわかりやすく解説するものです。全体は1コマの講義の回数に合った15章構成をとっており、各章末とも理解度をチェックする演習問題を配しています。目次1章 情報理論の概要2章 事象の情報量3章 1個の確率変数のエントロピー4章 2個の確率変数のエントロピー5章 相互情報量およびn個の確率変数のエントロピー6章 情報源と符号化7章 平均符号語長の下界8章 理想符号語長とエントロピー9章 情報源符号化定理10章 マルコフ情報源11章 通信路と符号化12章 線形符号13章 線形符号の具体例14章 通信路容量と通信路符号化定理15章 情報理論の発展と応用演習問題略解参考文献索引

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード