【最新刊】メルカトル

メルカトル
1冊

著者:長野まゆみ

561円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

生後まもなく、流木に乗って漂っていたところを拾われて以来、十七年間、親兄弟も親戚も友人もなく、何ごとにおいても自らの感情を封じこめ、慎ましい生活を送ってきたリュス。十七歳で救済院を出て、ネオ・バロック様式のミロナ地図収集館の受付で働きはじめた。化石のような地図に囲まれて、静かでつつましい日々を送っていたはずなのに、ある日リュスのもとに、地図製作技師メルカトルなる人物から、謎の地図が届き、次々と彼のまわりで不可思議な事件が起き始める――往年の大女優エルヴィラ・モンド、少女たちのファッション・リーダーであるモデルのルゥルゥ、私立学校の意地悪なボンボン、黒猫のガスパール…個性豊かな面々が、リュスの変わりばえのしない毎日にさざなみを起こし・・・・・・かじかんだ心がじんわりほどける、とびきりロマンチックなボーイ・ミーツ・ガール!

続きを読む

レビュー

2.9
11
5
0
4
1
3
9
2
0
1
1
レビュー投稿
  • 2019/03/08Posted by ブクログ

    思ったより読むのに時間が掛かった。しっかりと読み進めて行かなければ内容が分からなくなるそんな作品だった気がする。

  • 2019/02/26Posted by ブクログ

    メルカトルときたからもっと地図がキーになるのかと思ったが、地図の存在感はさほどではなかった。
    リュスの平静な心と同じように文章も静かで、淡々と進んでいった印象。ちょっと盛り上がりに欠けたかな…

  • 2018/12/31Posted by ブクログ

    地図収集館で働く孤児院育ちの主人公のもとに、メルカトルという人物から手紙が届いてことがきっかけで、次々に不可解なことが起こる。
    一つずつ話が進むたびに、少しずつ謎が解けて行くのだが、「地図」という冒険...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード