長崎喧嘩録

著:江口功一郎

1,296円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    赤穂浪士の吉良邸討入に先立つ元禄十三年十二月十九日、深堀の義士たちが長崎西浜町の高木彦右衛門邸へ討ち入った。深堀領主の屋敷に乱入し狼藉を働いた高木の下人たちを成敗し、筆頭町年寄として権勢をふるい増長する彦右衛門に天誅を加えるためだった。この「深堀騒動」の顛末と「義のこころ」をあざやかに描く。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード