長与俊達

著:江口功一郎

1,404円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    種痘はイギリス人ジェンナー創始の牛痘が日本へ移入されたと言われている。しかし、天然痘の猛威に敢然と立ち向い、人痘による実証の積み重ねによって、それより九年も早く「種痘法」を独創し、藩内の天然痘を完圧した肥前の国大村藩医長与俊達。その天然痘撲滅に対する情熱と苦闘を史実に基いて描く。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード