織田信長の思考法

著:近藤精一郎

1,404円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    戦国末期、真っ先に天下統一の旗印を掲げて乱世をひた走り、華々しく立ち回りながら、最も危険な茨の道をたどった信長の生涯はピンチの連続だった。短気で癇癪持ちだと言われる信長が、実は辛抱強い人物であり、猪突猛進型人間のように見えて、極めて緻密な計画性の持ち主であったという、知られざる信長像を描く。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード