五線紙の街

著:宮田達夫

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    1975年、まだ情熱だけが燃え漂っている若き未来に燃える人たちが作ったバーボンウイスキー片手に飲んで語り合う集団「バーボンクラブ」。 震災前のハイカラ神戸といわれた全盛期に、砂塵のごとく神戸文化という空気の渦を巻き上げていた。おしゃれな街を舞台にした、まさしく青春グラフティ。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード