ディズニーで本当にあった心温まる物語(あさ出版電子書籍)

著者:東京ディズニーランド卒業生有志

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ◆監修者のコメント十六歳でアルバイトを始めたのが、この本の舞台となる夢と魔法の王国です。人生で初めての“仕事”は、見るもの聞くものすべてが新鮮でした。働くことの意味さえわからなかった自分に、働くことは難しいことではないこと、そして、ただ純粋に目の前の人が喜び、多くの人から必要とされ、認めてもらえることが、“最幸”の喜びなのだと教えてくれたのは、ディズニーランドで出逢った多くのゲストでした。ゲストの笑顔に出会うたびに、こんな出来損ないのアルバイトでも誰かの役に立つことができるのだと知りました。人は働くことで誰かと関わり、その中で本当の生きる喜びを得られるんじゃないかと思うんです。今回、この本を創るきっかけとなったのは、二〇一一年三月十一日に起きた、東日本大震災でした。以前から、様々な出版社さんより本の企画はいただいていたものの、“何のため”に本をつくるのか、僕の中では、その理由が見つかりませんでした。でも、あの大震災をきっかけに知り合った東北の仲間から、災害で最愛のお父さんやお母さんを亡くしてしまった子どもたちが一五〇〇人近くいること、両親を失ってしまった子どもたちが二〇〇人を超えていることを聞き、その子どもたちに何かできないだろうかと考えるようになりました。そして、この本を出版し、印税等を夢の国のパスポートに代えて、つらい思いをした子どもたちに、自分たちを育ててくれた夢の国を体験してもらおうと思いついたのです。今の彼らにとってあの場所は、夢のまた夢の場所。そこで、できるだけ多くの子どもたちを連れていきたいと考え、過去にディズニーランドで働いたことのある仲間(卒業生)に声をかけ、あさ出版さんにご協力いただき、チャリティー本とさせていただきました。この本で紹介した26のエピソードは、いずれもこの本を創るにあたり、想いに共感してくれた最幸の仲間たちが胸に大切にしまっていた、とっておきの物語です。そのどれもが、人と人との出逢いから生まれた心温かな物語。そこに登場する彼らの姿から、「働くことは、誰かの役に立ち、誰かを元気にすることができ、誰かを笑顔にできる“最幸の喜び”であること」を感じてもらえたらうれしいです。どうかたくさんの子どもたちが夢の国へ行けますように?東京ディズニーランド卒業生有志代表 香取貴信

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/02/20Posted by ブクログ

      この本には、ディズニーランドで働いているキャストの方たちの工夫や苦労が描かれていて、そのような人たちにゲストたちが支えられていることがわかりました。遊びに行っている人たちが、なぜ嫌な思いをせず、楽しい...

      続きを読む
    • 2013/05/01Posted by ブクログ

      キャストの心温まるストーリーが満載です。マニュアルでは絶対に表せないヒューマンドキュメントに感動です。

    • 2018/12/05Posted by ブクログ

      ディズニーの世界で働く方々には本当に頭が下がる思いで訪れていましたが、キャストの方々の思い、そして成長を感じられる一冊でした。ゲストとキャストがともに作り出す夢の世界。現実世界で唯一、皆が相手のことを...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001840326","price":"1100"}]

    セーフモード