仕事の9割は数学思考でうまくいく(あさ出版電子書籍)

著者:秋田洋和

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ◆担当編集者のコメントなんかうまく仕事が回らない。企画やプレゼンがいつも通らない。頑張っているのに評価されない――。そんな経験はありませんか?私自身、「なんで伝わらないんだろう」「なんで、うまく回らないのだろう」と何度も苦い経験をしたことがあります。 そんなとき、有名塾で数学を教えてこられた秋田先生に出会い、「数字」「数学思考」の便利な使い方を教えていただきました。本当に、「え、そんなことで」ということから「そっか、それなら…」というものまで様々。今まで、どれだけムダをしていたか、もったいないことに力を費やしていたかがわかり、愕然としてしまいました。と、同時に、数学、数学思考を知るだけで、驚くほどデキる人になると実感したのです。・データやグラフのワナにダマされなくなる・プレゼン資料で相手に信頼されるようになる・表現力が驚くほどアップする!・頭が柔らかくなり、アイデア脳が活発になる!・論理的思考と本質を見抜く力が高まる・視野が広がる・一歩先の未来が読めるようになるなど、お子さんと一緒に楽しめる、ビジネス書です。◆著者のコメント 数学的思考が身についていると、今よりもっと仕事がスムーズに進められます。 この本を書いたわけは、数字と接する・接しないに関係なく、数学的思考は仕事・ビジネスで活用できることを知っているからなのです。 私が言う数学思考とは、何も、数式、公式、記号の暗記の上に成り立つ受験数学ではありません。「思考力」と名のつくとおり、考え方のことです。「こういう問題の時は、こういうふうに考えると答えを導きやすい」 その「こういうふうに考える」、つまりパターンをビジネスシーンに活かすことによって、問題解決がスムーズにいく、新しいビジネススキームが構築されるなど、様々なことができるようになります。 学生の時、数学がキライだった、苦手だった、まったくできなかった、なんてことはまったく関係ありません。 大事なのは「こういうふうに考える」を知ること。 正しい答えを出すことではなく、正しい答えを出すためにどう考えるかなので、気負わず、様々な方法を試してください。 大丈夫です。 ここには先生も、通知表も、赤点もありませんから。 食わず嫌いをするなんて、損でしかありませんよ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/12/18Posted by ブクログ

      仕事をする上で、必要なこと
      ひらめく、頭の中で整理する、伝える、書類を作成する
      を数学的視点から、うまくいかせる考え方や取り組み方が書かれてます
      数学問題を例にとって、それぞれ伝えたいことを、解かせて...

      続きを読む
    • 2013/08/20Posted by ブクログ

      数学について考えることが楽しくなる本。自分は高校時代数学全然できませんでした。
      問題を細かく分けて、できることを試してみるってのが解き方だと思ってます。でも、それだけじゃないって分かりました。

      仕事...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001840318","price":"880"}]

    セーフモード