【最新刊】ゴール&ストラテジ入門

ゴール&ストラテジ入門

1冊

著:VictorBasili 著:AdamTrendowicz 著:MartinKowalczyk 著:JensHeidrich 著:CarolynSeaman 著:JurgenMunch 著:DieterRombach 監訳:鷲崎弘宜 監訳:小堀貴信 監訳:新谷勝利 監訳:松岡秀樹 訳:早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所ゴール指向経営研究会

3,080円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。<A5判の書籍を固定レイアウトで制作したものです。大きめの端末でご覧ください>GQM+Strategies(目標・質問・メトリクス+戦略)アプローチ 本書で解説するGQM+Strategies(目標・質問・メトリクス+戦略)アプローチは、目標に沿って測ることを決めるという意識的・無意識的に広く用いられているGQM(目標・質問・メトリクス)法を拡張し、残念なITシステムを作らないようにするためのものである。具体的には、測定を通じて目標を定量管理する中で、組織のあらゆる箇所や階層において目標とITシステム化に代表される戦略を整合させ、改善させ続けることを可能とする。 本書執筆にあたっては、ドイツIESE研究所(実験的ソフトウェア工学研究所)ならびに日本国内における豊富な実践適用を経た結果を反映させており、経営者や投資(特にIT投資)を検討する立場の方から、戦略(特にITシステム)の企画立案や運用に携わる方まで、幅広く役立つものとなっている。★このような方におすすめ企業のITシステム開発者★目次第1章 まず理解しておくこと第1部 GQM+Strategiesアプローチ第2章 GQM+Strategiesのポイント第3章 フェーズ0:初期化第4章 フェーズ1:環境の特性化第5章 フェーズ2:目標と戦略の設定第6章 フェーズ3:実行計画の策定第7章 フェーズ4:計画の実行第8章 フェーズ5:成果の分析第9章 フェーズ6:結果のまとめ第2部 業界への適用と他の手法との関係第10章 各社の適用例第11章 他のアプローチとの関係第12章 まとめと今後に向けた見解付録A GQM+Strategiesプロセスチェックリスト付録B GQM+Strategies評価アンケート

    続きを読む
    ページ数
    243ページ
    提供開始日
    2018/02/23
    出版社
    オーム社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/12/15Posted by ブクログ

      GQM + Strategies という、企業の目標から測定に落とし込んでサイクルを回していくという活動の解説っぽい感じ。
      基本的にはシステム開発をベースに話が進むので、そちらの知識があるほうが読みや...

      続きを読む

    セーフモード