【最新刊】吉原百菓ひとくちの夢 弐

吉原百菓ひとくちの夢

著者:江中みのり

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸の吉原一、料理が美味いと評判の見世・美角屋。そこで働く菓子の料理番・太佑のもとには、今日も様々な想いを抱えた者が訪れる。不祥事を起こし落ち目となった歌舞伎役者、最後の登楼にきた馴染みの老爺、初めての客どりを控えた遊女見習い……。 『生きるための食事ではない、ひと時の幸福のための菓子』を作り続ける太佑は、彼らにどんなひとくちの菓子を届けるのか――。 2018年《メディアワークス文庫賞》受賞。心温まる人情菓子物語、涙と感動の第2巻。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/25
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 吉原百菓ひとくちの夢 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      吉原百菓ひとくちの夢 全 2 巻

      1,364円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 吉原百菓ひとくちの夢
      2021/03/22

      1冊を通して、ゆっくりゆっくりと話の本筋が進んでいく感じ。
      読みやすかったので、さくさく進みました。
      吉原の歴史というか、当時の生活を少し垣間見れたようなのも楽しかったです。

      Posted by ブクログ
    • 吉原百菓ひとくちの夢
      2020/02/12

      読みやすかった。キャラクターも親しみやすい。最初に漫画が載っていて驚いた。
      吉原でお菓子を専門につくる主人公が、持ち込まれる謎を解いていく話。

      Posted by ブクログ
    • 吉原百菓ひとくちの夢
      2020/09/19
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード