【最新刊】仏教からよむ古典文学

仏教からよむ古典文学
1冊

著者:末木文美士

1,836円(税込)
ポイント 18pt

通常ポイント:18pt

【目次】1 源氏物語と仏教2 平家物語と仏教3 能と仏教  修羅の救い  大和をめぐる謡曲と宗教  中世思想の転回と能4 仏典とその受容  仏教経典概論  経典に見る女性  仏教と夢  西欧における日本仏教の紹介5 思想と文学の間  真福寺写本から見た中世禅  思想家としての無住道暁  『徒然草』の酒談義  良寛と仏教――『法華讃』をどう読むか  禅と女性6 愛と修道――漱石のジェンダー戦略

続きを読む

レビュー

0
0
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/06/05Posted by ブクログ

    源氏物語は時代ごとに受容姿勢が異なりますが、それは宗教の影響であると気づきました。本書は、読んでみると通底するテーマはなく、晦渋な文章を寄せ集めたオムニバスのようです。それでも、「源氏物語」の章と「能...

    続きを読む

セーフモード