【最新刊】つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい―――鼻の奥が万病のもと!退治する7つの方法

つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい―――鼻の奥が万病のもと!退治する7つの方法

著者:堀田修

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    どれか1つでも当てはまったら、「慢性上咽頭炎」(まんせいじょういんとうえん)の可能性があります。●つらい不調/病気が、どうしても治らない●不調/病気の原因がわからない●耳の下を触ると痛い鼻の奥の万病のもと=慢性上咽頭炎を退治する7つの方法を紹介。「慢性上咽頭炎」とは、鼻の奥に位置する「上咽頭」が慢性的に炎症を起こしている状態を言います。多くの人は、鼻の違和感がないため、この疾患についての自覚症状がありません。しかし、この炎症が、「頭痛」「慢性疲労」「めまい」「後鼻漏」「慢性かぜ・せき」「腹・胃の不調」「IgA腎症」などの原因となっていること、この炎症を抑えることで、これらの様々な不調が改善していくことが明らかになり、現在、耳鼻科医や内科医の間で注目を集めつつあります。本書はこの「慢性上咽頭炎」のメカニズムと、その治療法であるEAT(bスポット療法)、「上咽頭洗浄」「鼻うがい」「首の後ろを温める」など自分でもできる治し方を、イラストとともに、平易に解説しています。巻末にはEATを行う医療機関を120掲載。原因不明の不調でつらい思いをし続けている方やそのご家族に、その原因と治し方をを知って、健康を手に入れてほしい、そんな思いをお伝えする一冊です。■目次 「慢性上咽頭炎」関連症状一覧「慢性上咽頭炎」セルフチェック・第1章 慢性上咽頭炎を治したら、つらい不調がなくなった・第2章 自分でもできる慢性上咽頭炎の治し方・第3章 なぜ、上咽頭をこすると慢性上咽頭炎が治るのか・第4章 慢性上咽頭炎は「万病のもと」・慢性上咽頭炎治療医療機関一覧■著者 堀田 修(ほった・おさむ)1957年、愛知県生まれ。1983年、防衛医科大学校卒業。医学博士。日本病巣疾患研究会理事長。日本腎臓学会評議員。IgA腎症根治治療ネットワーク代表。2001年にIgA腎症の根治治療である扁摘パルス療法を米国医学雑誌『Am J Kidney Disease』に発表。日本のIgA腎症診療が激変するきっかけとなった。2011年9月に「木を見て森も見る医療」の拠点として仙台市内に医療法人モクシン堀田修クリニック-HOC-を開設。現在、堀田修クリニック(宮城)、大久保病院(東京)、成田記念病院(愛知)でIgA腎症専門外来を行う。著書に『病気が治る鼻うがい健康法』(KADOKAWA)、『道なき道の先を診る』(医薬経済社)など。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/02/17
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(7件)
    • つらい不調が続い...
      2019/05/19

      鼻の奥、上咽頭に炎症があると、鼻や喉の不調だけでなく思いもよらぬところに影響が出る場合があるとのこと。
      それがわからずドクターホッピングして、ようやく適切な治療にたどり着く人も多いらしい。
      本書ではE...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • つらい不調が続い...
      2019/05/23

      上咽頭炎のことがよくわかった。これまでいろいろな不調があったが、この治療法で改善するなら病院へ行こうと思った。巻末の病院一覧が便利。
      で、治療受けました!治療はすごく痛いし帰宅して翌日になっても咽頭が...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • つらい不調が続い...
      2018/11/23
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード