【最新刊】下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし

下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし

著者:五十嵐雄策

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    俳句とお弁当。この二つは一見何の関わりもないものに思えるけれど、共通点がある。それはどちらも人の心に寄り添ってくれるということ。辛い時にはその人をなぐさめるように、楽しい時にはその人を祝うかのように、そっと傍らに在ってくれる――。社内恋愛騒動に巻き込まれ、傷心の三崎佳奈が東京深川でふらりと立ち寄ったのは、細い路地の奥にある小さなお弁当処、『芭蕉庵』。心に寄り添った、美しい俳句と美味しいお弁当を提供してくれるこのお店には、今日も俳句をたしなむ町の人々が集まってくる。心を癒す詠み人の集いに、あなたも触れてみませんか?

    続きを読む
    提供開始日
    2018/02/23
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/29Posted by ブクログ

      芭蕉を好きな店長?と常連に出会った失恋した女性のお話。
      どのお弁当もきちんと手順を踏んでいる感じで美味しそうでした。

      人は人でこじれやすいけれど救われるのも人なんですよね。

      私は牛すじのカレーが食...

      続きを読む
    • 2018/02/01Posted by ブクログ

      「芭蕉さんと生姜たっぷりの深川めし」
      貝類をネギなどの野菜といっしょに炊き込みご飯にしたもので、深川の名物とされている。
      自分にとって大切であればあるほど衝撃的な出来事は、そう簡単に忘れる事は出来ない...

      続きを読む
    • 2018/04/25Posted by ブクログ

      【下町の人情が集まるこのお店、一句ひねればこころもお腹もほっこりします。】

       俳句とお弁当。この二つは一見何の関わりもないものに思えるけれど、共通点がある。それはどちらも人の心に寄り添ってくれるとい...

      続きを読む

    セーフモード