【最新刊】慟哭は聴こえない

デフ・ヴォイス

2冊

著:丸山正樹

1,629円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    手話通訳士・荒井尚人は、結婚後も主夫業のかたわら通訳の仕事を続けていた。そんなある日、ろうの妊婦から産婦人科での通訳を依頼される。荒井の通訳は依頼者夫婦の信頼を得られたようだったが、翌日に緊急のSOSが入り――(「慟哭は聴こえない」)。旧知のNPO法人から、荒井に民事裁判の法廷通訳をしてほしいという依頼が舞い込んだ。原告はろう者の女性で、勤め先を「雇用差別」で訴えているという。かつて似たような立場を経験した荒井の脳裏に、当時の苦い記憶が蘇る。法廷ではあくまで冷静に自分の務めを果たそうとするのだが――(「法廷のさざめき」)。コーダである手話通訳士・荒井尚人が関わる四つの事件を描く、温かいまなざしに満ちた連作ミステリ。『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』『龍の耳を君に デフ・ヴォイス新章』に連なるシリーズ最新作。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/06/28
    • デフ・ヴォイス 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      デフ・ヴォイス 全 2 巻

      3,258円(税込)
      32pt獲得

    レビュー

    4.3
    33
    5
    15
    4
    16
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/28Posted by ブクログ

      前作でこのシリーズに関心を持ったので、続けて2作目を読んだ。ろう者を中心に展開される特殊な舞台設定のため、連続して読むことで飽きてしまうかもしれない、という危惧もあったものの、杞憂に終わった。
      印象は...

      続きを読む
    • 2019/12/05Posted by ブクログ

      シリーズ3作目。聴覚障害者を取り巻く厳しい現実を描きつつ「一般市民」とのギャップを埋めようという試みに意欲的に取り組んでいる。アイランドサインという手話方言を取り上げた第3話に感涙。

    • 2019/11/04Posted by ブクログ

      好き。
      シリーズ三部作め、として認知されていないのが残念。1と2、3で版元が違う、という事情もあるが。
      ただ、個人的には、どの本から読んでもいいかなと思う。
      これは、4つの短編と短めなもう一つの作品が...

      続きを読む
    開く

    セーフモード