【最新刊】世界の未来 ギャンブル化する民主主義、帝国化する資本主義

世界の未来 ギャンブル化する民主主義、帝国化する資本主義

エマニュエル・トッド ピエール・ロザンヴァロン ヴォルフガング・シュトレーク ジェームズ・ホリフィールド 聞き手:大野博人 原真人 国末憲人

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    資本主義とグローバリズムが民衆を収奪し、ポピュリズムと分断、憎悪が世界を暗雲のように覆う……。民主主義が機能不全を起こす中で、歴史的転換期に入った現代社会。不確実な未来を見通すための確たるビジョンを提示する。これが「世界の知性」の答えだ!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/07
    連載誌/レーベル
    朝日新書

    レビュー

    3
    6
    5
    0
    4
    1
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/17Posted by ブクログ

      世界情勢と日本の動向を様々な評論家が分析した一冊。

      ヨーロッパ中心なのは仕方ないが、勉強にはなった。

    • 2018/06/03Posted by ブクログ

      ブリグジットやトランプ大統領の誕生をグローバル経済でないがしろにされていた民主主義が復活と断言して、EUと日本の民主主義の行く末を語ります。
      日本のエリートは欧米と異なりグローバルではない指摘し、少子...

      続きを読む
    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      4人の大御所が論説。世界の未来、はじめに核家族と民主主義があった。民主主義の希望、選挙ではちゃんと代表されない時代になった。資本主義の限界、市民より市場に支配される国家。分断の克服、移民政策に失敗した...

      続きを読む
    開く

    セーフモード