敗者のゲーム〈原著第6版〉

著:チャールズ・エリス 訳:鹿毛雄二

1,468円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    投資で成功するというのは、難しい証券分析などの専門知識や経験を身につけることではなく、ましてや短期的に市場を出し抜こうとすることでもない。市場平均利回りを上回る(=市場に勝つ)ことがきわめて難しくなった今、最も簡単かつ結果の出る方法は、インデックス・ファンドを活用することである。全米累計100万部を超えるロングセラーの最新版。プロ・アマ問わず幅広い投資家に向けたメッセージとして、時代を超えて読み継がれる運用哲学のバイブル。

    続きを読む

    レビュー

    4
    14
    5
    5
    4
    5
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/17Posted by ブクログ

      自分の資産運用を考える人は、是非読んだ方が良い本です。

      ↓↓↓

      ・一般的に勝敗を決めるゲームには、「勝者のゲーム」と「敗者のゲーム」がある
      ・「勝者のゲーム」は自らが勝ちへの一手をする事で、勝ちに...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/01/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/11/17Posted by ブクログ

      これもウォール街の〜と同じタイミングで借りた。

      中身の論調はやっぱり似ている。同じ主張で分厚さ半分だからそりゃそうか。

      面白いなと思ったのはタイトルにもなっているけど、インデックス投資を「敗者のゲ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード