【最新刊】元号

元号

著:山本博文

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新元号を迎えるにあたって、知っておきたい247元号をすべて網羅! 日本史の資料として歴史ファン必携の1冊。●いま元号を使っている国は世界中で日本だけ ●元号に使われた漢字は意外や意外、わずかに72文字だった! ●一番多く使われた漢字は? 29回の「永」●なんとっ! 多くの元号の正確な読みが分かっていない ●「平成」の「成」は元号で初めて使用された漢字だった ●初めての元号「大化」はクーデターがきっかけ ●国内初の金産出というウソで決まった「大宝」 ●長屋王の祟りを恐れて「神亀」から「天平」に ●大地震で「元禄」から「宝永」に改元するも富士山大噴火! などなど、多くの日本人が知らない元号の秘密がすべてわかる、まさに「元号トリビア」!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/02/09
    出版社
    悟空出版
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      知っているようで知らない年号。
      年号の始まりから今時点まで分かりやすく記されていた。
      昭和って長かったんだ。

      今回の年号が変わる事が無ければ、多分読んでなかったかも

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      明治天皇が発せられた「一世一元の詔」以前、元号は気分次第でゆる〜く変えていた。天災や疫病など大きな災難があったら「縁起悪いなぁ。ここは気分一新改元しよう」という感じで。
      過去最も期間が短かったのは鎌倉...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      大化から平成まで。元号を追いながらひもとく歴史。とても勉強になったし面白かったです!新元号は何になるんだろう!?

    セーフモード