【最新刊】脱構築

脱構築

1冊

守中高明著

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    西洋形而上学への厳密な問い直しである脱構築.それはデリダという固有名,彼の哲学的コンテクストのみに関係しているわけではない.「出来事としての脱構築」は,単なる分析の技法を越えて,現代の実践的諸問題への批判的介入を可能にし,新たなコンテクストを生成させる.それは我々の思考にどのような地平を切り拓くのか.

    続きを読む
    提供開始日
    2018/02/15
    連載誌/レーベル
    思考のフロンティア
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    5
    2
    5
    2
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/12/27Posted by ブクログ

      副題:Déconstruction
      著者:守中高明(フランス文学・比較詩学、詩人)

       120頁ほどの薄い本でも、中身はみっしり。刊行されてから16年経ちますが、まだまだ内容は古びないようです。

      ...

      続きを読む
    • 2012/01/18Posted by ブクログ

      最後の章「弔いの政治」に感服。共同体なき連帯。個人の内面において非固有化せざるを得ぬ死の絶対的な無。その非在の外部から襲う死に真空の記憶を預けて極限的内部において他者に開示する態度。「距離=間ーあいだ...

      続きを読む
    • 2008/12/26Posted by ブクログ

      構築と脱構築はどう違うのか考えていたのだけど、「解体というよりもむしろ、系譜学的迂回を暗示」している(p7)とか。なるほどね。

    セーフモード