【最新刊】抗生物質と人間-マイクロバイオームの危機

抗生物質と人間-マイクロバイオームの危機

1冊

山本太郎著

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    増加する生活習慣病,拡大する薬剤耐性菌.その背後には抗生物質の過剰使用がある.抗生物質の服用によって攪乱され失われていくヒト常在菌叢(マイクロバイオータ).万能の薬はいまや効力を失い,私たちは「ポスト抗生物質時代」に突入しつつある.最新の科学的知見をもとに,その逆説の意味を問う.

    続きを読む
    提供開始日
    2018/02/15
    連載誌/レーベル
    岩波新書
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    4.3
    3
    5
    2
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/08Posted by ブクログ

      COVID-19だけではなく、現代社会が直面している微生物リスク(薬剤耐性菌)の問題を知る良い導入になると思います。

    • 2020/03/02Posted by ブクログ

      著者:山本太郎
      通し番号:新赤版1679
      刊行日:2017/09/20
      9784004316794
      新書 184ページ

      内容説明
      増加する生活習慣病,拡大する薬剤耐性菌.その背後には抗生物質の過剰...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/02/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード