ひねもすのたり日記 1巻

ちばてつや

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

ジョーも松太郎もてつやから。名作の裏に… いつしか老作家となったマンガ家・ちばてつやは、様々な社会的役割を務め多忙だった。だが… ある日、コミック雑誌から執筆依頼が来た。最初断ろうと思ったちばだが、その脳裏には幼い頃の満州の物凄い夕焼け、人生の節目で出会った素晴らしい人々、そしてどんなときも不器用に苦しみながらマンガを描いてきた自分の姿が去来する。オールカラーショートコミックで描く半生の記。ちばてつや18年振りの最新作、今ここに結実!

続きを読む
  • ひねもすのたり日記 全 3 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ひねもすのたり日記 全 3 巻

    3,630円(税込)
    36pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    ちばてつや先生の自叙伝的コミック。ラジオで知って購入。

    ちば先生が満州からの引揚者だとは知らなかった。
    ほんわかタッチの絵だけど終戦から帰国までの過程は過酷。

  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    墨田区の図書館の《すみだゆかりの人物》コーナーで見かけて気になっていた本です。

    ちばてつや氏自身による「千葉徹​彌」自叙伝で、第一巻では戦時中に満州で過ごした幼少期のこと、敗戦が告げられ親子6人で命...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

     80歳を越えたちばてつやが週刊誌に新連載していたことに驚き。80年間を振るかえろうとしている意欲に脱帽。内容にゆるみがs亡く、メッセージとして強い力を持っていることに感嘆。詳しくはブログへどうぞ。
    ...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001835005","price":"1210"}]

セーフモード