【最新刊】ひねもすのたり日記 2巻

ひねもすのたり日記
2冊

ちばてつや

1,188円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

国民的作家ちばてつやがマンガと出会った頃 中国大陸での苦難の引き揚げの旅を終え、千葉一家はやっと全員無事に日本へ帰ってきた。引き揚げ先の千葉県・飯岡で、てつや少年はすくすくと育ってゆく。ある日てつやは、田んぼのあぜ道で初めて「マンガ」と出会った! 運命に引き寄せられるようにひと筋の道を歩み始めた少年の心の中と、現在の作家としての日常をユーモアたっぷりに描くオールカラーショートコミック。夭逝した実弟ちばあきお氏の想い出など、切実な思いが胸にしみる。

続きを読む
ページ数
142ページ
提供開始日
2019/04/26
連載誌/レーベル
ビッグコミック
  • ひねもすのたり日記 全 2 巻

    未購入巻をまとめて購入

    ひねもすのたり日記 全 2 巻

    2,376円(税込)
    23pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.5
2
5
1
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/04/28Posted by ブクログ

    ちばてつや先生の自叙伝的コミック。ラジオで知って購入。

    ちば先生が満州からの引揚者だとは知らなかった。
    ほんわかタッチの絵だけど終戦から帰国までの過程は過酷。

  • 2018/03/28Posted by ブクログ

    老漫画家の近況と少年時代を振り返るエッセイ漫画。現在のちば氏によるジョーの絵もある。
    過酷な体験をしていても丸みがあって温かい絵を描けるのが凄い。

  • 2018/03/01Posted by ブクログ

    うわー、ちば先生の新作だーっ、てことで衝動買い。過去と現在の行ったり来たりの日記。肩の力を抜いてすっと読めるけど、「人間って・・・かんたんに死んでしまうんだ」などと時折ずしっとくる。ちば先生、また機会...

    続きを読む

セーフモード