P+D BOOKS 城の中の城

倉橋由美子

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    棄教か離婚か――驚愕の“夫婦間宗教戦争”。夫の山田信・英文学教授は、渡仏中に突如パリで洗礼を受けカトリック信者になってしまう。妻の桂子は夫の独断、裏切りに自尊心を深く傷つけられる。二人の子供の将来を案じながらも、棄教か離婚かの選択を夫に突きつけ、夫婦の間で“宗教戦争”が勃発するのだが――。生涯“物語文学”を追求し続けた倉橋由美子が、禁じられた愛や夫婦交換をキリスト教を背景に描き、知識人階層を鋭く風刺した問題作。倉橋文学後期の傑作「桂子さんシリーズ」の第二弾。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード