【最新刊】保育士という生き方

保育士という生き方

井上さく子

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ぼくは だれよりも ぼくがすき」といえる子どもに「わたしは だれよりも わたしがすき」といえる子どもにすべての子どもたちが、丸ごとの自分を受け止め、自分自身を愛せるように・・・・・40年にわたって「保育士」として子どもに向き合い続けた著者が語る、保育士人生と保育論。保育士をめざす方、現役保育士さん、元・保育士さん、幼子を持つお母さんお父さん。「子ども」とふれあう、すべての人へ保育崩壊?? 日本に必須の社会インフラとなった「保育」だが、待機児童問題、保育士不足、園建設反対など、現場は今、揺れに揺れている。そんななかで、肝心な「子ども」の存在が置き去りにはされていないだろうか。目の前の子どもは、たった一度しかない「人生の土台」となる大切な時間を生きている。40年にわたって、保育士として、園長として、子どもの代弁者・伴走者であり続けた著者が、仕事への情熱と葛藤、そしてすべての子どもたちへの想いを綴る。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/02/08
    連載誌/レーベル
    イースト新書Q

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      保育士のイメージを一変させる書籍が必要だと感じていたが、その一端を担う本が登場した。著者は38年間保育の仕事に携わってきたエキスパート。

      井上氏は保育のゴールは「自己肯定感を持ってもらうこと」だと主...

      続きを読む

    セーフモード