【最新刊】よるの美容院

よるの美容院
1冊

市川朔久子

1,134円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    12歳のまゆ子は、両親と離れて遠縁の「ナオコ先生」のもとで暮らしている。ナオコ先生の営む「ひるま美容院」は、古くからのお客さん達によって支えられている昔ながらの小さなお店だ。まゆ子は、つらい記憶のせいで声が出ない。月曜日の夜、閉店後の美容院で、ナオコ先生は、まゆ子のためだけに丁寧にまゆ子の髪を洗って整える。心を閉ざしていたまゆ子の声が、だれかに届く日はくるのだろうか。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/02/02
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.7
    18
    5
    4
    4
    6
    3
    8
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/19Posted by ブクログ

      4/5は
      ヘアカットの日
      つらい記憶のせいで声が出ない少女。彼女と暮らす先生が営む美容院で、先生はまゆ子の髪をやさしく洗う…

    • 2019/04/30Posted by ブクログ

      講談社児童文学新人賞受賞作。傷ついた小学生の少女の再生の物語。登場人物が皆暖かい。
      ダジャレばかり言っている古本屋のおじさんが、少女が自分の居場所に帰る時につぶやく。
      「、、、じゃーにぃ」 旅...

      続きを読む
    • 2019/04/22Posted by ブクログ

      まゆ子の心が温かい大人や環境に癒されていく物語。昭和感もあり、大人が読むと、懐かしいかんじもある。
      まゆ子モテモテで、女子は楽しく読める( ̄∀ ̄)

    開く

    セーフモード