「藪の中」の死体

著:上野正彦

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    法医学の第一人者、元東京都監察医務院院長を務めた上野正彦さんが古今東西の名作に書かれた事件に迫る。芥川龍之介『藪の中』では武士は誰にどのようにして殺害されたのか、谷崎潤一郎『鍵』で性交死ははたしてなぜ起きたのか、ポーの『マリー・ロジェエの怪事件』では、マリーは水死なのか……。また戦後日本の事件史に特筆される二つの事件、青酸カリによる強盗大量殺人事件「帝銀事件」と旧国鉄総裁の轢死事件も残された資料から、アームチェア・ディテクティブよろしく、事件の様々な可能性を探る。そのほか、森村誠一『精神分析殺人事件』と横溝正史『犬神家の一族』も取り上げている。豊富な経験に裏付けられた斬新な検証と想像力が、物語の興味を一層深くしてくれる。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/01/10Posted by ブクログ

      図書館で書架の間をうろついていたら、とってもなつかしい(失礼)名前を見つけてしまいました。
      上野正彦さん。「死体は語る」という本はもう15年くらい前に出版された本だったと思います。
      推理小説、探偵小説...

      続きを読む
    • 2012/10/15Posted by ブクログ

      法医学の目からミステリーを読むと、一致も差異もある。死体所見で偽装はわかる。

      死体が全てを語る、というアメリカドラマ、日本にはないと思ってたんですけど、あったんですねぇ。ドライな扱いはできませんけど...

      続きを読む
    • 2007/03/19Posted by ブクログ

      長年監察医としての経験をつんだ著者ならではの、犯人不明の迷宮入り小説に対する監察医ならではの推理はなるほどと思わされる。

    開く

    セーフモード