【最新刊】警視庁監察官Q メモリーズ

警視庁監察官Q

2冊

鈴峯紅也

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    幼い頃の事故で感情を失った監察官・小田垣観月。彼女が統括する、警察の捜査資料保管庫ブルーボックスに、大阪府警から2人の刑事が送られてくる。彼らの不審な行動に疑問を抱く観月だが……。公安J、組対特捜Kたちと織りなす、人気シリーズ第2弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/30
    連載誌/レーベル
    朝日文庫

    レビュー

    3.5
    7
    5
    0
    4
    4
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/06Posted by ブクログ

      好きなシリーズなので最新刊を追い続けてるためか、前作と間が空くと通して登場してる大物ヒールの背景を忘れてしまってる。今作も最後に次作に繋がりそうな伏線があったが、果たして次を読むまで覚えていられるか?...

      続きを読む
    • 2019/08/25Posted by ブクログ

      敷島が死んだ時はまたそのパターンか、とも思ったが、山場はそこではなかったね。それにしても出る人出る人、バケモノだらけで、いったい今後どう収拾させるんだか見当がつかない。

    • 2019/08/06Posted by ブクログ

      鈴峯紅也『警視庁監察官Q』朝日文庫。

      貰い物の古本。全体的に弛く、軟弱な警察小説という印象で、好みではない。

      アイスクイーンと呼ばれる東大卒の才女・小田垣観月を主人公にした新シリーズなのだが、お馴...

      続きを読む
    開く

    セーフモード