【最新刊】時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法

時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法

1冊

著:佐藤航陽

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「飛行機の実現までには百万年から一千万年はかかるだろう」 ニューヨーク・タイムズがこの記事を掲載してわずか数週間後、ライト兄弟は人類で初めて空を飛び、この予測を覆しました。 一流紙でジャーナリストを務めるほどのエリートが、なぜそんなことを自信満々に書けたのだろうと、当時の人々は笑いました。 しかし、彼らもまた、こう考えていました。「宇宙船? そんなものは夢のまた夢だ」 現代を生きる私たちも、未来を見誤るという意味では、宇宙船を夢と考えた人たちを笑うことはできません。 現在日本で2800万(2017年9月)を超えるユーザー数を誇るFacebook ですが、「実名登録なんて日本でははやらない」と言われていたのは、ほんの数年前のことです。 今では多くの人が使っているiPhone にしても、発売当初は「おサイフケータイが使えない」「赤外線がないなんてありえない」などの理由から、はやらないという意見が多数派でした。 これから私たちの社会がどう変化していくのかは、今の社会を真剣に眺めるだけではわかりません。巷にあふれる未来予測本を読んでも、わかることはないでしょう。私たちはいつも未来を予測し、そして外し続けてきました。人間は本来、未来を見誤るものなのです。 私たちの多くは、今目の前で起きていることからしか将来のことを考えることができません。しかし、現在の景色という「点」だけから行う未来予測は、だいたいにおいて外れます。 なぜなら、その一点においてでさえ、現実世界は膨大な要素にあふれているからです。それらが互いに複雑に影響し合って社会を発展させているのですが、それらをすべて把握することは、人間の脳というハードウェアの性能では、まず不可能なのです。 一方で、驚くほどの先見性を発揮して大きなリターンを得る人が稀にいます。 たとえば、スティーブ・ジョブズは1980年代、当時30代だったころから、すでに個人がスマートフォンを持つ未来を予言し、それを自分の手で実現させることを決めていました。 彼らはどのようにして「線」を見ているのだろうか。その思考法を汎用性のあるロジックとして整理できれば、ビジネスを進めるうえで大きなメリットになる。そう考えて、これまで自分なりに探究を続けてきました。 本書では、そこで見出すことができた技法をお伝えしたいと思います。※ 本書は、2015年に小社より刊行された『未来に先回りする思考法』を再編集・改定したものです。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/01/30

    レビュー

    4
    10
    5
    4
    4
    3
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/28Posted by ブクログ

      ・イノベーションが難しいとされるのは、技術的な限界地点の見極めと社会の需要の両方を読みきる嗅覚と、適切なタイミングでプロダクトを透過する腕力が求められるからではないでしょうか

      ・ITの黎明期から近年...

      続きを読む
    • 2019/09/02Posted by ブクログ

      凄い好き!「来るべき未来の到来をできる限り早めること」

      ・将来どうなっていくのか?については「パターン」を見抜く
      ・そもそもそれがなぜ登場したのか?という「必要性」に立ち返る

      「パターン」
       – ...

      続きを読む
    • 2019/01/14Posted by ブクログ

      国家や政治の未来を導入に未来予測の難しさやその有効性について語ります。そして未来予測に鍵はパターンにありと真髄に迫ります。この本の真骨頂は後半にあって、第二章未来予測の技法での「テクノロジーの進歩と社...

      続きを読む
    開く

    セーフモード