騎虎の将 太田道灌 下

著:幡大介

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    関東大乱!足利成氏と両上杉の因縁の対立や、古河と堀越の関東公方が並立するという異常事態を背景に、坂東は数十年にわたる泥沼の戦塵に塗れる。継嗣問題に揺れる幕府が、京を灰燼に帰すことになる応仁の乱に向かうなか、扇谷上杉家の家宰として太田資長(道灌)は、生き残りをかけて戦う。関東一円の調略をすすめ騎虎の将と呼ばれた不世出の武将、太田道灌の生涯を描く戦国歴史大河小説。【下巻目次】第九章 二人の関東公方第十章 扇谷上杉家の失脚第十一章 山吹問答第十二章 入京第十三章 応仁の乱第十四章 景春と盛時第十五章 虎の挙兵第十六章 都鄙和睦第十七章 騎虎の春秋解説 北上次郎

    続きを読む
    • 騎虎の将 太田道灌 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      騎虎の将 太田道灌 全 2 巻

      1,760円(税込)
      17pt獲得

    レビュー


    • 評価がありません

    • 同シリーズ
      4.3(3件)
    4.3
    3件
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビューコメント(0件)

    コメントが公開されているレビューはありません。
    作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、
    みんなに見てもらいやすくなります!

    下のレビューを投稿する

    セーフモード