【最新刊】かっぽれ 寄席品川清洲亭 四

寄席品川清洲亭

奥山景布子

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    安政江戸大地震の中で生まれた愛娘もすくすく育ち、再びおえいの商いへの意欲も芽生えてきた。だが、始めた団子屋を手助けしてくれるお加代はわけありの様子で……(「御用」)。三代目九尾亭天狗の最後の弟子にして、晩年最も身近にいた礫は、芸への思いがこもった形見を譲り受けることになったものの、兄弟子の妬みを買ってしまう(「点取り、無双の三杯」)など人情が涙を誘うシリーズ大好評第四弾。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/11
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    文芸
    • 寄席品川清洲亭 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      寄席品川清洲亭 全 4 巻

      2,728円(税込)
      27pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/09/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 寄席品川清洲亭2018/07/02Posted by ブクログ

      時は黒船来航の頃、品川宿で落語好きが高じ寄席の開業を思い立った大工の棟梁・秀八。いざ席亭になると、あれやこれやとトラブル続出。笑いあり涙ありの人情時代小説。
      宇江佐真理さんが亡くなり、新たな時代小説も...

      続きを読む
    • 2020/03/04Posted by ブクログ

      寄席品川清州亭シリーズ3作目。
      大地震での出産、姑さんとのゴタゴタ、襲名騒動と盛りだくさん。また出てきた高須4兄弟。
      今回ちょっと間があいてしまって登場人物を忘れてしまったので、今度ははやいうちに続き...

      続きを読む
    開く

    セーフモード