チャンミーグヮー

今野 敏

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治初期、首里士族である喜屋武家の三男として生まれた朝徳。体の小さな彼は、従兄の本部朝基と相撲をしても負けてばかりだったが、父の教える手に惹かれて鍛錬を重ねる。激変する時代のなか、東京での勉学生活の後に沖縄へ戻った朝徳は更に手の修業を積み、やがてその伝道に力を注いでゆく――。平和は武によって保たれる。琉球が生んだ伝説の唐手家の生き様を描き出す武道小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/12/16Posted by ブクログ

      今野敏『チャンミーグヮー』集英社文庫 。

      明治初期、琉球空手の伝説の流祖・喜屋武朝徳の人生を描いた唐手伝記小説。武道・格闘技の神髄にまで斬り込み、魅力的な人物像を練り上げる今野敏の手腕に感服。

      ...

      続きを読む
    • 2018/11/01Posted by ブクログ

      沖縄の空手家「喜屋武朝徳」の生涯。立ち合いの回数はそこそこある。最後の死に方が、偉大な空手家にしては残念だがリアル。

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      琉球がヤマトに併合されてからの明治初期。
      首里の士族喜屋武家の三男朝徳の物語です。
      体が小さい朝徳は、従兄の本部朝基と相撲をしても負けてばかり。
      朝徳は父から唐手を教えられ、鍛錬を重ねていきます。
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001831831","price":"737"}]

    セーフモード