【最新刊】村田エフェンディ滞土録

村田エフェンディ滞土録

1冊

著者:梨木香歩

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1899年、トルコに留学中の村田君は毎日議論したり、拾った鸚鵡に翻弄されたり神様の喧嘩に巻き込まれたり。それは、かけがえのない青春の日々だった……21世紀に問う、永遠の名作青春文学。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/02/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.2
    206
    5
    96
    4
    78
    3
    28
    2
    3
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/01/19Posted by ブクログ

      梨木香歩の書く、海外が舞台の小説、すごく良いなあ。行ったことがない場所なのに、そこにいるような気持ちにさせてくれる。

      時間という川を流される石のようにつやつやと磨き上げられた梨木さんの言葉、時間の錬...

      続きを読む
    • 2020/01/16Posted by ブクログ

      1900年代前半、明治のときにトルコに考古学を学びに留学してた人のお話
      エルトゥールル号の沈没で乗組員を助けた件から留学生の受け入れにつながった模様

      梨木果歩らしく、不思議な現象がちょっと起こる

      ...

      続きを読む
    • 2019/12/22Posted by ブクログ

      トルコの町の情景のや、そこで一緒に暮らす主人公と友人との様子の描き方が都てもよかった。
      最後に
      これは私の 芯なる物語
      とあるようにたとえ生まれや言語風習が異なっても、友と呼べるものとの思い出は色あせ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード