日本を蝕む「極論」の正体(新潮新書)

古谷経衡

820円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    極論を目にすることが増えた。政界、教育現場、論壇、職場、メディア……あらゆる場所で左右も保革も関係なく、ちょっと冷静になれば明らかに変だとわかることを声高に主張し、他人を糾弾する「極端な人たち」が目立つ。それはかつての連合赤軍やオウム真理教を想起させる存在だ。「バブル賛歌」「TPP亡国論」「地方消滅」「憲法九条無殺生論」等々、はびこる極論の奇怪さを嗤い、その背景を考察する。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード