【最新刊】共感のレッスン 超情報化社会を生きる

共感のレッスン 超情報化社会を生きる

植島啓司/伊藤俊治

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私たちは、かつてないほど「情報」に取り囲まれて生きている。LINEやTwitterが日常になり、コミュニケーションの有りようは劇的に変化した。さまざまな個人情報が、本人が自覚することなくネットを通じて集積され、それによって人が無意識のうちに規定される事態さえ生じている。だが、それで私たちは豊かになっているのだろうか。情報に取り囲まれることで、却って人が孤絶する事態が生じているのではないか? 人類学や生命科学などの知見を踏まえ、身体性に基づいた「共感の知」の必要性を説き、コミュニケーションの本質を論じる刺激的な対談。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/01/26
    連載誌/レーベル
    集英社文芸単行本

    レビュー

    2
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/02/01Posted by ブクログ

      共感のレッスンに関する知識を得ようと思い、手に取ったが、やや私の方向性とは違う本だった。
      しかし、対談形式で進む各テーマにおけるトピックのあふれんばかりの知識はすごく面白かった。
      対談形式で知識が発散...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/03/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      まったくなんのために書かれたのか意味不明の本。文系学者がネット社会以降に適合できずにぐだぐだ言っているだけ。

    開く

    セーフモード