【最新刊】死屍累々の夜

死屍累々の夜

前川 裕

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    10人の男女を殺害し、6人の女と共に集団自殺を遂げた木裏健三。彼は老舗旅館に取り入ったのち売春宿に変貌させ、一家のみならず無数の人間を絶望に陥れた。過去に大学の助教授でもあった者が、非道な行為に及ぶ課程には導く過程にはなにがあったのか!? センセーショナルな「木裏事件」の全貌と共に、謎に満ちた男の内奥に綿密な取材で迫る、圧巻のフェイク・ドキュメンタリー!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/01/26
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2017/12/10Posted by ブクログ

      前川裕『死屍累々の夜』光文社文庫。

      ノンフィクション風フィクションの文庫化。似たような作品に北九州監禁殺人事件をモチーフにした誉田哲也の『ケモノの城』があるが、比べるまでもない。事件の描写に思い切り...

      続きを読む
    • 2018/02/19Posted by ブクログ

      大量惨殺事件の犯人である男を描くノンフィクションという形式を借りたフィクション。
      北九州連続監禁事件や尼崎連続変死事件をモデルにしながら「復讐するは我にあり」の要素や千石イエスにもインスパイアされて書...

      続きを読む

    セーフモード